世界の子供たちが読み書きができるように 「識字率の向上を支援」

船橋西ロータリークラブ ロータリー財団およびロータリアンの支援で、7万2,000人

のブラジルの子供たちが、集中言語能力助長プログラム

(CLE)で読書きを学びました。




  




日本では、読み書きができるということは当たり前のことのように思われています。

しかし、地球上には読み書きができない人たちがたくさんいるのです。

読み書きができなければ、良い仕事を見つけることができず、貧しい暮らしを余儀なくされますが、

そればかりではありません。例えば、薬の飲み方が書いてあっても読むことができないので、

どのように飲んだらいいのかわからないのです。

ロータリーでは、全世界のすべての人たちが、読み書きができるよう、識字率が向上するように、

さまざまな活動をしています。発展途上国のへき地の村に学校を建てたり、

教科書や鉛筆、ノートなどを送ったりしています。

文字が読めないと良い仕事に就くことができず、生活は貧しくなります。

貧しいが故に、その子どもたちは学校に通うことができず、文字を覚えることもできません。

そして、良い仕事を見つけることができず、貧しい暮らしを強いられます。

こうした貧困の連鎖を断ち切るためにも、ロータリアンたちは、世界中のいろいろな地域で、

すべての人たちが読み書きができるよう、活動を続けています。


  

地元の教育者や支援団体と協力し、読み書きを指導するプログラムを通じて

成人の識字率向上に取り組んでいます。会員自らの経験と知識を生かしながら、

社会的・経済的に恵まれない環境で教育に携わる人材を育成しています。

 
   
   



船橋西ロータリークラブ 事務局 例会場

 事務局   千葉県船橋市浜町 1丁目6−5−104
 TEL/FAX   047−432−8670
 例会日   毎週金曜日 12時30分〜13時30分
 例会場   料亭なべ三  船橋市本町2−25−25  TEL 047−431−9125
 E Mial   funabashi-west.rc@juno.ocn.ne.jp

船橋西 ロータリークラブ 船橋西